「ガレット デ ロワ」がジョエル・ロブションから 新年を祝うフランスの伝統菓子、オリジナルフェーヴ付きも




新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット デ ロワ」が、ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションとル パン ドゥ ジョエル・ロブションに登場。2017年12月26日から2018年1月末まで販売されます。現在、予約を受付中。

やさしい甘さとコクのあるアーモンド生地をさくさくのパイで包んだ 「ガレット デ ロワ」は、フランスでは新年に欠かせない伝統のお菓子。中には「フェーヴ」と呼ばれるチャームがひとつ入っています。

ガレット デ ロワの「フェーヴ」ってなに?

ガレット デ ロワを切り分けて、中に入っている「フェーヴ」が当たった人は、その一年幸運に恵まれると言われています。フェーヴとは、フランス語でソラ豆のこと。ソラ豆は胎児の形をしており、古代から命のシンボルとして扱われていました。もともとは乾燥したソラ豆を使っていたので今でもそう呼ばれていますが、現在では陶器製のチャームが使われています。

ジョエル・ロブションのガレット デ ロワ(大と小の2サイズあり)には、小サイズには果物などのフェーヴ、大サイズにはオリジナルのフェーヴ(直径約35mm)が付いています。オリジナルフェーヴはジョエル・ロブションの料理をモチーフにしたものがシリーズ化されていて、今年は「フランス産ホロホロ鳥のロースト、ジャガイモのコンフィとフォアグラと共に」です。

オリジナルフェーヴ「フランス産ホロホロ鳥のロースト、ジャガイモのコンフィとフォアグラと共に」

販売期間: 2017年12月26 日~2018年1月末(予約受付中)
価格:ガレット デ ロワ 大 3,300円、 小 2,000 円(ともに税抜)
販売店舗:ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション全店、ル パン ドゥ ジョエル・ロブション全店

ジョエル・ロブション

(FOOMI.net編集部)