Press "Enter" to skip to content

西洋なし「ル レクチエ」、知ってる?1年に1ヶ月だけあの美味が楽しめます

新潟県特産のフランス生まれの西洋なし、「ル レクチエ」をご存じですか? ラ・フランスとはまたひと味違う、スムーズでとろけるような食感と、梨でありつつどこか桃やりんごも思わせる味と香りが楽しめる高級西洋なしです。

このル レクチエ、日本では大部分が新潟県で栽培されていますが、生産量が全国的にみてもラ・フランスの10分の1程度と非常に少ないのです。かつ、毎年出荷時期が約1ヵ月しかありません。

うっかり見逃すとまた一年待たなければならない、知る人ぞ知る激ウマ西洋なしなのですが、このたびJA全農にいがたがル レクチエの2017年の出荷解禁日を11月22日と発表しました。

ル レクチエは樹の上では完全に熟さないので、「追熟」が必要。毎年10月中~下旬ごろに収穫し、およそ40日間に渡って10~15℃で追熟させると、緑色からあざやかな黄色に変わり、あの高糖度で甘くとろけるような美味になります。

2017年の新潟県産ル レクチエ販売期間は11月22日から約1ヵ月。全国各地の百貨店、果物専門店などで購入できます。

JA全農にいがた

(文・FOOMI.net編集部)
[kanren2 postid=”930,576″]