Press "Enter" to skip to content

日本上陸!香港のミシュラン1つ星点心店「添好運(ティム・ホー・ワン)」、東京・日比谷にオープン

リーズナブルな料金で一流ホテルの味を楽しめると評判になり、ミシュラン1つ星を獲得。“世界一安いミシュランレストラン” と称される香港の人気点心レストラン「添好運(Tim Ho Wan/ティム・ホー・ワン)」が、4月8日に東京・日比谷の日比谷シャンテ別館1Fにオープン!

「添好運(ティム・ホー・ワン)」は、4年連続でミシュラン3つ星を獲得したフォーシーズンズホテル香港の広東料理店・龍景軒の点心師を務めたMak Kwai Pui 氏が、パートナーのLeung Fai Keung氏とともに“よりカジュアルに、日常的に本物の味を”というコンセプトで香港に2009年開業。2010年にミシュラン1つ星を獲得しました。現在では香港のほか、台湾をはじめとするアジア各国とオーストラリア、アメリカに展開しており、日比谷店は日本への初出店となります。

同店の点心は厨房で手作りされ、メニューは蒸物、揚物、米粉春巻き、粥、ちまき、野菜、デザートがラインナップ。その中でも“看板”とされる4つのメニューは、ほとんどのお客さんが注文する必食メニューです。

ベイクド チャーシューバオ:生地で叉焼(チャーシュー)餡を包んだ「添好運」を代表するメニュー。表面をオーブンで焼くことで生まれるメロンパンのようなサクッとした食感が特長。

海老と黄ニラのチョンファン:飲茶の本場、香港で大人気メニューの腸粉(チョンファン)。薄く延ばした米粉生地で海老や黄ニラを巻いた、ツルンとした食感が味わえる。


大根餅:大根の味わいを最大限に引き出し、やわらかくもっちりした食感に仕上げた大根餅。干し海老の風味がアクセント。表面をパリっと焼いて香ばしく。

マーライコウ:オールドスタイルのレシピで仕上げた、フワフワの食感が楽しめるたまご蒸しケーキ。

「添好運(ティム・ホー・ワン)」日比谷店 
2018年4月8日オープン
住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館1F
電話番号:03-6550-8818
営業時間:11:00~23:00
予算の目安(1名):昼1,800円/夜2,200円

(FOOMI編集部)